チュラロンコン大学内の「チャムチュリー・アートギャラリー」が素敵だった@MBK近く

バンコク生活
スポンサーリンク

チュラロンコン大学内にある「Chamchuri Art Gallery(チャムチュリー・アートギャラリー)」へ行ってきました。

スポンサーリンク

チャムチュリー・アートギャラリーとは

2001年に開館したチュラロンコン大学所有の美術館。

芸術家、教員、学生の作品を一般公開することを目的に設置された施設だそうです。

企画展示がメインです。

チャムチュリー・アートギャラリーの場所

BTSナショナルスタジアム駅から徒歩7-8分程度

地図はこちら。

MBKの1F一番奥のスタバ近くの出入口から行くと早かったです。

こんな門から入ります。

館内の様子

1階に2つ、2階に1つギャラリーがありました。

今回観たくて来たのは2階で展示中の「Jewel of the forest and prairie」

描かれているのは主に鳥と花。自然画が好きなのでどれもとても美しくて見入ってしまいました。

そうしていたら、関係者と思われる女性が丁寧に絵を解説してくれました。

これは油絵とか水彩画だとか、描いているのはタイの何という鳥、などなど。

そしてあれが作者のスウィット・チュイチョム氏よ、と受付を指して教えてくれました。

知らない間にご本人がギャラリーにいらっしゃいました!びっくり。

中は写真を撮ってOKとのことだったので撮らせてもらいました。

どの絵も良かったのだけど、この絵を観たらタイのきれいな海に行きたくなりました。

帰り際にはこんな立派なパンフレットまで。

展示されていた絵のほとんどがプリントされてました。

企画展の感想

私はあまり暗い感じに見えなかったのですが、この絵画展は自然破壊をテーマに、花や鳥たちが追い詰められていく様を描いているそうです。(~12/11まで開催)

いつもDACOでここのアート情報をみて「おっ」と気になる企画展があってもなかなか行ってなかったんですが、もっと早く来ればよかった。

基本的に鑑賞は無料で人も少ないのでゆっくりみられます。

気になるものがあったらこれからは気軽に立ち寄ろうと思います。

Chamchuri Art Gallery(チャムチュリー アートギャラリー)
  • 開館時間:月~金:10-19時、土日祝:12-18時

コメント