【タイ入国のCOE申請】参考になったサイトと注意点など

バンコク生活
スポンサーリンク

日本とベトナムに出張した夫がタイに戻ってくるにあたり、COE申請をしました。

COE申請…タイへ入国するための許可証をオンラインで申請するもの

今回、諸事情で自分で申請したので(私も手伝った)、参考になったサイトや気をつけたいポイントについて書きたいと思います。

タイでのビザは持っている前提での話になります。

スポンサーリンク

COE申請で参考になったサイト

公式の情報はタイ王国大阪総領事館に載っています。

ですが、必要書類と全体の流れをつかむのに、「日本橋夢屋」という業者さんのサイトが一番わかりやすかったです。

日本橋夢屋

書類がそろったらCOE申請をしていきますが、領事館が公開している公式マニュアルはあるものの、概要になります。

実際の詳しいやり方は、WISEがとっても分かりやすいです。

WISE

これを後になって気づいたので、早く知っておけばよかった 笑

間違いやすいポイントはWISEさんも書かれていますが、書類をドラッグ&ドロップした後に上向き矢印ボタンのマークを押してアップロードが必要なところだと思います。
(ドロップしただけではアップロードにならない)

エラーが出てどこが間違っているか何度も確認する羽目になりました…

経由便でタイ入国する場合

経由便でタイに入国する場合、経由地ではなく出発地のタイ大使館にCOE申請をします。

申請画面でいうと「The country you are flying from」のところで出発地にして「Register」をする必要があります。

(COE申請を審査するのは、出発国のタイ大使館になります)

今回はベトナム発、シンガポール経由のタイ入国だったのですが、諸事情で誤った情報を得てしまい、経由地を登録・申請してしまったためやり直して後のスケジュールが超タイトになるという失敗を犯しました。

申請は早めに

公式には各プロセスは3営業日以内に返答とあるのですが、経由地のシンガポールに登録した申請したところ、4営業日間連絡なし。

やっと来た連絡で出発地の誤りを指摘され、出発地を変更して申請し直したため、最終的に許可がおりたのが出発日前日でした。

申請ミスはこちらの責任だけれど、もう少し早く連絡があればなあ、と。

書類不備などで提出し直しもあったりするので、できるだけ早めの申請が吉だと思いました。

コメント