プルンチットのベトナム料理店「Hanoi House」でクイジャップユアンランチ

バンコク飲食店
スポンサーリンク

プルンチットで用事があって、1人ご飯をするべくお店探し。

ベトナム料理店Hanoi House(ハノイハウス)」へ行きました。

全体的にリーズナブルで入りやすいお店でした。

スポンサーリンク

Hanoi Houseの場所

プルンチット駅からは徒歩1分。マハトゥンプラザにあります

地図はこちら。

この辺りはおいしそう、かつ気軽に入れる雰囲気のお店が多くて、1度行ったらいつもウロウロ偵察してしまう。

お店は駅から見ると正面に向かって左側奥です。黄色い壁が目印。

お店の雰囲気

色鮮やかで、ベトナムっぽいかわいらしい店内。

店内は奥行きがあって、全部で10テーブルほど。思ったより広かったです。

ランチタイムになると8割ぐらい埋まりました。

この辺りで働く人たちだけじゃなくて、近くにタイ語学校があるのでその帰りかな?と思われるグループもいてインターナショナルな感じでした。

Hanoi Houseのメニュー

メニューは一枚。

フォーや春巻き、バインセオなど日本人にも知られた料理が多いと思います。裏はお酒・ドリンクメニューでした。

しかも全部200バーツ以内で、手頃なお値段。(値段表記は税込、サ料なし)

今回頼んだものは、14番のクイジャップユアン。

最初に運ばれてきたハーブ類と生野菜。

ひさびさにベトナムでよくあるハーブの1つ、タデ(写真右上の細長い葉っぱの)を食べました。苦いけれど、身体によさそうだから一応食べる 笑

バッチャン焼きのお皿、目の座ったニワトリの絵がツボ。

クイジャップユアン(卵入り)  140バーツ

四角い器に入って来るので、新鮮な感じがします。

スープは濃いめのしっかり味。揚げたエシャロットがたくさん入っていておいしかった。

卵入りにしたけれど、ちょっと火が通りすぎていて、もう少しゆるい感じだとよりいいと思いました。

ちなみにクイジャップユアンはベトナムに影響を受けたと言われるタイの麺料理で、タピオカが入ったもちもち麺です。

ただ、知っている限りではベトナムにはまったく同じ料理はないんですよね。多分近いのはバインカンと呼ばれる料理。ベトナムの方が麺がもう少し太く、スープもあっさりしている気がします。個人的にはクイジャップユアンの方が好き。

ここではハーブや野菜もついてきて、この値段なら安いと思います。

★関連記事

パヤタイ駅近くのクイジャップユアン店「Sirin Vietnamese Noodle Shop」
パヤタイ付近へ行ったときに、美味しいクイジャップユアンを食べてきました。「Sirin Vietnamese Noodle Shop(สิริน ก๋วยจั๊บญวน)」という食堂です。クイジャップユアン…米粉とタピオカ粉でできた麺をつ...
Hanoi House(ハノイハウス)
  • 住所:888/30 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:日曜日
  • Facebook

コメント