ホーチミンの焼肉屋さん「浦江亭」でランチ@2区タオディエン

日本食
スポンサーリンク

ホーチミンに多店舗展開している日本式の焼肉屋さん、浦江亭。

ホーチミンへ来たとき、先に住んでいた肉好きの夫が一番最初に案内してくれたお店が浦江亭でした。それ以来一緒には行ってなかったのですが、久々に行こうとなり、2区の店舗にランチへ行ってきました。

ということで今回は2区タオディエンにある

「浦江亭(Uraetei)」のランチについて書いています。

スポンサーリンク

場所

地図はこちら。タオディエン通り沿いにあるのでわかりやすいです。

外のエントランスからこちらの入り口までは警備員さんが日傘で案内してくれました。

店内の様子&ランチメニュー

1階はボックス席が多数と

お座敷席があります。今回はお座敷で。

私は見ていないのですが2階もあります。

ランチメニューはこちら。ランチタイムはご飯はお替り可です。

焼肉以外にも充実しているのがいいですね◎

アラカルトメニューの一部です。メニューは公式サイトからも見られます◎

注文はタブレットで簡単にできます。日本語もあるので便利◎

ランチの定食を注文するとまずサイドメニューがきます。

何となくスープっぽいものが食べたくて注文した 海鮮チゲ定食 140,000ドン

これね、見るからに辛そうなんですが、、本当に辛かった 汗

しかもぐつぐつの煮えた状態で来るので、熱さとのセットでなかなか食べ始められませんでした。。

具はエビやいか、たこ、貝、卵、それに野菜がたくさん。味は海鮮のだしが出ていて美味しい◎ のですが、私には辛すぎました。ピリ辛ぐらいまでなら大丈夫、というタイプの人にはちょっと辛めだと思います。

次に頼むならチヂミか石焼ビビンバかな。。

こちらは夫が頼んだ 牛中落ち定食 150,000ドン

ひと切れもらいましたが、安定の味◎ チゲの辛さで参っていたので焼肉にすればよかったとちょっと思ったのでした。

こちらは無煙ロースターを使われてるそうで、匂いが服につかないです。助かる。

お会計はVATをプラスで精算して終了。ごちそうさまでした。

調べてみたら浦江亭は2004年にホーチミン1号店を開業と、老舗なんですね。ランチタイムはお客さんもベトナムの方がほとんどでにぎわってました。

 

焼肉浦江亭  タオディエン

コメント