水上バスでホーチミン2区ビンアンまでショートトリップ!運行ルート、時刻表、料金など

ホーチミン観光
スポンサーリンク

先日1区のバクダン公園へ行く機会があったのですが、ふっと思いつきで水上バスに乗って2区のビンアン(Binh An)まで移動してきました。

ホーチミンへ来てからあまり観光らしい観光をしていなかったので、旅行者気分で楽しかったです◎

2017年から運行されたホーチミンの水上バスですが、2020年1月現在の様子を記事にしてます。

スポンサーリンク

運行ルート、時刻表、料金

運行ルートは公式サイトにも載っていますが、この縦になっているマップの方がイメージしやすいかと思います。

現在は数字のついている1,4,8,10,11にのみ止まります。

どの駅も目立った大きな観光スポットはないようです。

終点までは約50分。

2020年1月現在の時刻表です。

最新のものは公式サイトでチェックできます。

料金はどこで降りても片道15,000ドン(約75円)です。

1区バクダン駅の乗り場

旅行者の多いドンコイ通りから歩いて5分程度の、バクダン公園のなかにあります。

Google Mapだとこちら。ドンコイ側から歩いていく場合、往来の激しいトンドゥックタン通りを渡ることになります。

このあたりに信号のある横断歩道は一つしかなく、チャンフンダオ像のふもとにあります。

この信号、歩行者信号が青になって止まってくれるのは車だけで、バイクはどんどん突っ込んでくるので注意して渡ってください。

ベトナムに住んでしばらく経っても、これには慣れません…

チケットを購入~出発まで

チケットは乗り場左手にあるオフィスで購入します。

帰りのチケットもここで購入可能ですが、今回は片道分だけにしました。

近くにはカフェもあるので、出発までカフェで過ごしたり、飲み物を船に持ち込むこともできます。

いまの時期ならバクダン公園をかるく散歩するのも楽しいです。

水上バスの様子

水上バスは黄色い船。そんなに大きくはないです。

定刻10分ぐらい前になるとスタッフの呼びかけでお客さんが並び始めます。

指定席ではないので、窓際が良い場合は早めに並んでおくといいかも。

自動改札機はありますが、まだ運用開始していないのでスタッフが1つ1つチケットを切って乗船します。

船内は3列ー3列の計12列。設備はまだ新しくきれい。

トイレも船内にあります。

エアコンはついていますが壊れているのか、船が出発してからスタッフが全部の窓を開けるのに奔走していました…。

船のスピードはそう速くないので、おかげでちょっと暑かった 汗

乗っているのは約半分は外国人旅行者、残り半分は休日の娯楽として乗っているベトナム人という感じで、市民の生活の足という雰囲気ではありませんでした。

 

船からの眺めは、進行方向右手はほとんど何もなくのどか。

左手側は、おなじみサイゴンパールやビンホームズ群、ランドマーク81が見えます。

サイゴン川沿いに派手さはなくて、川の流れと行き交う貨物船をのんびり眺めながら、船は進んでいきます。

大きな揺れもありませんでした。

2区のビンアン駅に到着

バクダン駅を出発して15分後に2区ビンアン駅に到着。

降りたのは私たちだけだったので、皆さんもっと先まで行くみたい。

ビンアンの乗り場付近には何もないです。

駅の場所は地図上だとこちら。

 

タクシーも止まっていないので、少し歩いて大通りに出て捕まえるか、アプリでタクシーを呼ぶことになります。

思いつきで水上バスに乗ったので行く予定の場所もなく…笑。タクシーを呼んでエステラプレイスへ行き、アンナムで食材を買って帰るという、最後は平常運転の休日でした。

おわりに

娯楽の少ないホーチミン、在住者であれば15,000ドンと安いので乗ってみると普段の景色が船から眺められておもしろいと思います。

旅行者におすすめか?と聞かれると、、

うーん2区タオディエンの雑貨屋さんやカフェ巡りをしたいなら、さくっとタクシーで行ってしまった方が楽だと思います。ビンアン駅まで水上バスで行って、そこからタクシーに乗って移動…ってけっこう時間がかかるのであまり現実的ではないかも。

時間がたくさんある、とかただ川から街を眺めてのんびりしたい、という人にはおすすめです◎

船に乗らずに、手軽にバーなどからサイゴン川を眺めることもできます。

サイゴン水上バス(saigon waterbus)

コメント