旧市街のかに入りオムレツが美味しいタイ料理店「クルアアプソン」

タイ料理
スポンサーリンク

カイジアオ(タイの卵焼き)が大好きなのですが、かに入りのオムレツが美味しいという、ずっと行ってみたかったお店へ行きました。

タイ料理店「クルアアプソン(Krua Apsorn/ครัวอัปษร)」です。

1996年創業のタイ王室に関わる由緒あるお店だそうで、現在5店舗展開しています。(各店舗の情報はこちら

今回は一番行きやすいと思われる旧市街のディンソー店へ。

スポンサーリンク

クルアアプソン ディンソー支店の場所

ディンソー通り沿いにあります。

地図はこちら。MRTサムヨート駅からだと徒歩13分ぐらい

センセープ運河のパンファー船着き場からだともう少し近いです。

こちらはお店の外観。持ち帰りのお客さんがたくさん出入りしていました。

店内の雰囲気

入ってすぐのテーブル席が数席あるスペースは、持ち帰りのお客さん用になっていました。現在だけなのかな?

スタッフにここで食べれる?と聞くと「イートインはあちら」と言われ、さらに奥に行くと、広いテーブル席スペースがあります。

想像していたよりも簡素でかなり庶民的な雰囲気で、ローカルのお客さんでにぎわっていました。お水もテーブルにあるのを取る方式。

食堂っぽいけれど、店内はちゃんとエアコンがきいています。

クルアアプソンのメニュー

こちらはメニューの一部。英語表記付きで、一部写真もあり。

かに等が入ったメニュー以外はほとんど100~200バーツぐらい。

最後のページに、グリーンカレー+ライスなど1人用のメニューがたくさんありました。1人でも来やすいのはいいですね。

注文したものは、、

かに入りオムレツ(カイフープー) 100バーツ

写真だと大きく見えるけれど、けっこう小さめです。

でも、たくさん入っている蟹の旨味が卵に染み込んで美味!そうそうこういうのが食べたかったという味。

カイフープーと同じぐらい美味しかったのが、

えびのカリー粉炒め(クンパッポンカリー) 200バーツ

オイリーさがなく、上品な味のパッポン炒め。このソースがとにかく美味しくって気に入りました。ご飯がすすみます。

夜来香の蕾とえびの炒めもの(パッドックカチョーンクンサップ) 130バーツ

蕾はしゃきしゃき、あっさりした炒めもの。シーフードばかりになったので、豚ひき肉との炒めもあったから、そちらでも良かったかも。

これでご飯とお水を注文して500バーツほど。どれも美味しくて満足度が高かったので、また行きたいお店の1つになりました。

クルアアプソン(Krua Apsorn)
  • 住所:169 Dinso Rd, Wat Bowon Niwet, Phra Nakhon, Bangkok
  • 営業時間:10:30~20:00
  • 定休日:日曜日
  • Web:http://www.kruaapsorn.com/

コメント