ヤワラートの「ヘンディー(興利)」でリーズナブルなフカヒレを

バンコク飲食店
スポンサーリンク

ロックダウン前の話ですが、ヤワラートでフカヒレをリーズナブルに食べられる「ヘンディー(興利)」へ行きました。

調べると、だいぶ前に高田純次氏がテレビ番組で訪れたお店として日本人旅行者に有名みたいです。その番組、観たかったなあ 笑

肝心のフカヒレは、手軽に食べるのにぴったりでした。

スポンサーリンク

ヘンディー(興利)の場所

MRTワットマンコン駅(1番出口)からは徒歩約5分

地図はこちら。

黄色い看板のお店です。

ちなみに右隣にも同じ「興利」とある緑色のお店があります。

店員さんに聞いたところ、同じお店なんだそう。タイの食堂ってそういうお店をよく見る気がする。

どちらも店内は写真の通り、オープンエアでレストランというよりほぼ食堂です。

ヘンディー(興利)のメニュー

こちらはメニューの一部。英語表記はありませんが写真があるので安心。

このほかにも海鮮系のメニューがそろいます。

まずはシンハビールで乾杯。(※ロックダウン前です)

フカヒレスープ(S)  300バーツ

サイズは300・500・1,000バーツとありますが、2人で一番小さいサイズでちょうどよかったです。

あっつあつで出てきて嬉しい。食べてみると、フカヒレが思ったよりもたくさん入っていました。やさしい味で美味しかった。

これで300バーツなら十分だと思います。日本で1,000円でフカヒレは食べられない。

蟹チャーハン(S)  100バーツ

フカヒレスープ自体がやや薄味なので、このチャーハンにかけて食べるとちょうど良い塩気になって◎。

チャーハンはもうワンサイズ大きくてもよかったかな?と思ったけど、この後も食べ歩き予定だったのでやめておきました。

オースワン 確か200バーツぐらい

2品では足りないかなと思って頼んだオースワン。

あまり期待していなかったのだけど、これが牡蠣がぷりっとしていて予想外に美味しかったです。生地ももちもち。

ヤワラートにはほかにもフカヒレのお店はいろいろあるので、一番小さいサイズを食べ歩くのも楽しそうですね。

営業時間は夕方からです。→現在はお昼も営業しています。

店舗情報:ヘンディー(興利)

  • 住所:431 Yaowarat Rd, Samphanthawong, Bangkok
  • 営業時間:10:00~1:00

コメント