タイの「無印良品(MUJI)」の価格帯、よく買うもの、良品週間

バンコク生活
スポンサーリンク

日本にいたときから、特に生活雑貨は無印を愛用しています。

シンプルで価格も手ごろなので便利。

タイの無印は、全部ではないけど最近は随分値下げして、日本の無印に価格帯が近づいてきた印象です。

ちょうど一時帰国が難しいのもあって、ちょくちょく無印で買いものするので、今回はタイの「無印(MUJI)」の価格帯、よく買うもの、良品週間などについて書いています。

スポンサーリンク

バンコクではどこにある?

セントラルのデパートにたいてい入店しています。

ただ日本人が多く住むプロンポン周辺にはなく、セントラル・ラマ9世店か、チットロムにあるセントラル系のデパート(エンバシー店、チットロム店、セントラルワールド店)あたりが近いです。

大型店はサムヤーンミットタウン店と、セントラルワールド店。

この2店舗では刺繍サービスもあります。

タイ・バンコクの無印で刺繍サービス(タイ文字)を利用してみた
いつも使っているエコバッグが傷んできたので、似たようなシンプルなものを探していたら、無印で発見。せっかくなので、日本と同じくタイの無印(MUJI)でもできる刺繍サービスを利用してみました。タイ文字はもちろん、タイ限定の絵柄もあります...

サムヤーン店は特に広く、MUJIカフェも併設。(ただし席数は少なめ)

タイの無印で売っているもの・価格帯

タイでも幅広く商品がそろっていますが、家具や食品、食器類の品ぞろえは少なめです。

あと、タイの人に需要が少ないものはやっぱりないみたいで、この間も家用にレギンスを探したけれどありませんでした。無印の、履き心地がよくて好きなので残念。

価格はものによってまちまちですが、全体的に日本の1.2~1.5倍ぐらいです。

2点以上買うと15~20%オフ、という販売方法はタイでも同じ。

服だとシーズンを過ぎたものは安くなっていたり、ワゴンセール的なものもあります。

商品の一覧はセントラルのページから確認できます。オンライン購入も可。

タイの無印良品週間

商品が10%オフになる良品週間。

タイでも頻度はまちまちですが、あります。

直近では9月29日~10月8日でした。

その前は今年の6月末~7月上旬だったと記憶。

これまで無印のものは一時帰国のときにまとめて買っていたけど、現在は良品週間をちょっと楽しみにしています。

よく購入するもの

消耗品なのでリピートしているもの。参考までに、()内は日本での価格です。

★敏感肌向け化粧水・200ml  190B(日本:580円)

以前は260Bだったのが、いつのまにかかなり値下げしていました。

★オーガニックコットン混ストレッチキャミ  2枚290B(日本:990円)

伸縮性が◎で着やすい。

しかも調べてみると日本とほぼ同じ価格。

★靴下 119B(3足で350B)(日本:240円・3足690円)

きちんと足なりになるのが好きで、タイでもずっと無印の靴下生活です。

一度木タラで偽?MUJIみたいなのを買ってみたら、全然あわなかった…。

★フェイスタオル2枚セット 290B(日本:790円)

★麻綾織ソフトスリッパ  390B(日本:790円)

最初は自分と夫の分2足買うのだけど、家にいる時間が長い私のほうが先にダメになるので、結果私のだけしょっちゅう買い換えています…

生地がソフトな190Bのものもたまに買います。

あと無印で商品を買うと、セントラルと同じThe 1 Cardポイントが貯められます。

無印良品の店舗情報

★セントラルラマ9世店:10:00~22:00

★セントラルエンバシー店:10:00~22:00

★セントラルワールド店4階:10:00~22:00

★サムヤーンミッドタウン店1階:10:00~22:00

コメント