プロンポン駅下の北タイ産コーヒーカフェ「Doi Chaang Caffe(ドイチャーン)」

バンコクカフェ
スポンサーリンク

プロンポン駅下すぐにあるカフェ「Doi Chaang Caffe(ドイチャーンカフェ)」へ行ってきました。

タイ北部、チェンライ産のアラビカ種のコーヒーが飲めるお店です。

スクンビットだとエカマイゲートウェイG階やソイ12などに店舗がありますが、調べると国外にもフランチャイズ展開しているそう。

このプロンポンの店舗は今年オープン、新しくて居心地もよかったです。

コーヒー豆も販売されているのでタイ土産にも◎。

スポンサーリンク

Doi Chaang Caffeの場所

プロンポン駅偶数側のすぐ駅下にあります

地図はこちら。

駅からだと4番出口を出てすぐ、リンガーハットの近くです。

このターバンを巻いた男性の黄色いマークが目印。

お店の雰囲気

お店は1階と2階にわかれています。

★1階

1階は席が5つ。PC作業や勉強をするなら2階のほうがよさそうです。

2階はいったん1階を出てから階段を使っていきます。

★2階

店員さんはよく見ると、タイ北部の民族衣装のような上着を着ていました。ほかの店舗に行ったときは全然気づかなかったな。

Doi Chaang Cafeeのメニュー

カウンターでオーダー&お会計です。

ホットアメリカ―ノが75バーツ~と、立地を考えるとリーズナブル。

パンや焼き菓子類はなかったです。あったら頼みたかったので残念。

今回頼んだものは、、

Hot Cappucino  85バーツ

お茶もついてくるのが嬉しい。コーヒーは凝ったアートはないけれど、美味しかったです。

フェアトレードのコーヒーを販売

店内ではコーヒー豆が売られていますが、よく見るとここのコーヒー、フェアトレード認証マークがついています。

タイで売っているコーヒーでこれがついているものは見たことない気がする。あるのかな?

Organic Signatureで350バーツ(250g)と手頃なので、今度買ってみようと思います。(あとで見たらグルメマーケットでも2種類売っていました)

Doi Chaang Caffe(ドイチャーンカフェ)

コメント