ベトナムの食器ブランド「ミンロン」ショールーム(ミンロンタワー)@ホーチミン3区

ホーチミン生活
スポンサーリンク

ベトナムの大手磁器メーカー「Ming Long(ミンロン)」。

実はベトナムに住むまでこのブランドを知りませんでした…!

ベトナムの食器は、知名度だけでいえばバッチャン焼やamaiの方が有名なのではないかと思います。

でも調べてみると、ミンロンは創業が1970年となかなか歴史のあるブランド。

高級レストランでもよく使われているそうですが、気づいたことがなかったというかそもそも高級なお店へ行っていないんでした。

購入できる場所で一番行きやすいのは、高島屋4階「Q HOME」です。

Q HOMEの品ぞろえもなかなかなのですが、今回はもう少し品数の多い3区にあるショールームへ行ってきました。

スポンサーリンク

ミンロンショールームの場所

ホーチミン3区、タオダン公園の近くにあります。

サイゴンセンター(高島屋)からはタクシーで10分ほど。

地図はこちら。

Ming Long Towerの1階と2階がショールームになります。向かって左側が店舗入り口です。

店内の様子

ショールーム自体はものすごく広い、という訳ではないですが、かなりの数の食器があります。

高級なラインのものもあれば

普段使いしやすいシンプルな器もたくさん。

カタチもいろんな大きさがあって、これは焼き魚によさそうだなとか、いろいろ見て想像するだけで楽しいです◎

高級ラインのものでなければ、価格帯は60,000ドン~200,000ドンぐらいとリーズナブル。

ホーチミン郊外にミンロンのアウトレットがあるそうですが、正規の値段でも買いやすい価格帯です。

グリーンが好きなのでこのラインの入ったシリーズが気になります。

こちらの鳥の器、鳥好きの母が好きそうだな~とながめてみたり。

らせん階段を登って2階にも食器があります。

シンプルなものから凝った柄のものまであるのがいいですね。

じっくり見ていたら意外と時間がかかります。

この日は買うものを決めきれず、一度撤収。買うものをいま一度整理してから出直そうかと。

他の方から伺った話だと、ベトナム在住当初に気に入ったミンロンの食器があり、本帰国前ぐらいに改めて買おうと思っていたそうなのですが、その頃にはそのシリーズが店頭からはなくなってしまったのだとか…。

すごく気に入ったものがあれば、はやめに買っておいたほうが良いのかもしれないですね。

追記:購入したもの

後日、家にある小さいしょうゆ皿が割れたのでこちらを購入。

直径9cmほどの小皿で、一皿18,700ドン(約93円)。お安い◎

さっそく活躍してもらっています。

Ming Long Showroom (ミンロンショールーム)
  • 住所:17  Ba Huyen Thanh Quan, District3 , HCMC
  • 営業時間:8:00~20:00
  • Web:公式サイト

コメント