ざぼんのむき方、値段@タイ、ベトナム

ホーチミン生活
スポンサーリンク

東南アジアに住みだしてから大好きになったフルーツ、ざぼん

グレープフルーツみたいだけど、酸っぱくなくて甘すぎない、絶妙な味。

もともと柑橘系は好きではなかったのに、今では週1で食べるくらい気に入っています。

前回タイに来てから食べるようになった我が家では、タイ語でソムオーと呼んでいます。日本では食べなれていなかったものって言葉としてとっさに出てこない…

呼び方の一覧にするとこんな感じ。英語でポメロということも後になって知りました。

  • 日本語:ざぼん
  • 英語:ポメロ
  • タイ語:ソムオー
  • ベトナム語:ブォーイ

むいたものをパックで買うことが多いですが、たまにまるまる1個皮がついたものを買ったりもします。

一見めんどくさそうですが、10分くらいで意外と簡単にむけます。

スポンサーリンク

ざぼんの値段

むいたものと1個まるまる買うのと、どちらがお得なの?

というのが気になるところですが、むいたものは1個分入っていないことが多いので、ちょっと割高という感じです。もちろんお店のパックサイズにもよりますが。

下記は身が薄黄色の一般的なタイプです。ピンク色のタイプだと少し高くなります。

市場ではなくスーパーで買う場合のだいたいの値段です。

タイ

  • むいたもの:1パック90~100バーツ(約300~330円)
  • 1個売り:100バーツ前後(約330円)

品種によると思うのですが、身が固いものと柔らかいものがあります。

ベトナム

  • むいたもの:1パック45,000~50,000ドン(約225~250円)
  • 1個売り:60,000ドン前後(約300円)

ベトナムのざぼんは身が柔らかいことが多いです。

簡単なむき方

1.上下の外皮を切る(写真はヨコになっています)

2.外皮を、白い内皮を残しながら切っていく

3.白い内皮を手でむく

4.小分けにする。これは12粒入っていました

5.1個1個の薄皮をむく(身が固い場合は薄皮がむきやすいですが、やわらかい場合は中心側をナイフで切ってからむきます)

我が家ではこの1個分、はやいときは1日で食べきることが多いです。美味しいので止まらない!

家にいる時間が長いと、何かしらずっと食べているような…笑

ざぼんの旬は8~9月で今ではないのですが、1年中出回っているのがありがたいです。

コメント