【イサーン旅行①】ノーンカーイの不思議なお寺「ワットケーク」と友好橋

タイ
スポンサーリンク

週末にイサーン地方のノーンカーイとウドンタニを旅行しました。

数回にわけて旅行記を書いていきます。

今回はノーンカーイの変わったお寺「ワットケーク」と友好橋についてです。

スポンサーリンク

ウドンタニ空港からノーンカーイ市内への移動

空路でウドンタニに着いたら、ロットゥーでまずノーンカーイへ向かいました。

到着口を出たところにリムジンカウンターがあり、ロットゥーのチケットを購入できます。1人200バーツ

ノーンカーイで宿泊するホテル名を告げると、そこまで乗せて行ってくれるので楽です。

空港からは約45分で到着しました。

小さな国境の町ノーンカーイ

メコン川に沿った小さい町ですが、歩くと意外と距離があります。

レンタバイクやレンタサイクルもあるのですが、私たちは徒歩+トゥクトゥクで移動しました。

メコン川沿いには遊歩道があるので、川と向こう岸のラオスを眺められます。

不思議なお寺ワットケーク

ワットケークとは

ワットケークは、新興宗教の教祖ブンルア氏が建てたお寺です。

ラオス・ビエンチャンのブッダパークを作ったのと同じ人物。

規模はこちらの方が大きいそうです。

ワットケークの場所

中心部からは少し離れており、車で10分ほどのところにあります。

地図はこちら。

今回はトゥクトゥクで中心部のタラートからワットケークまで移動し、約15分で着きました。

ワットケークの様子

入場料は20バーツ

中へ入ると、ヒンズー教と仏教がミックスされたなんとも不思議ワールド。

園内にある彫像は、ブンルア氏の思想を具現化したものだそうですが、これはお寺というよりテーマパーク…。

1つ1つがいちいちシュールというか、おもしろいです。

タイ語で解説が書いてありますが、タイ語が分からないと理解できないので、想像しながら見ると楽しいです。

個人的には一番この犬たちが気になりました。

詳しい解説はバンコクナビさんの記事に書かれているので、気になる方は見てみてください。

もっと閑散としているのかと思ったら、連休だからか多くのお客さんがいました。

園内は1時間あれば観ることができます。

ちょっと変わっていますが、珍スポットが好きな方は是非!

ラオスとの国境、友好橋

ワットケークの観光後、トゥクトゥクでタイとラオスを結ぶ友好橋へ向かいました。

以前鉄道でビエンチャンまで行ったのですが、バスか鉄道で国境越えをすると、友好橋を歩くことはできません。

いつか橋を歩いてみたいと思っていたので、これはチャンス。

橋を渡る前にチェックポイントがあり、そこで名前を書いてから進みます。

ちょうどラオス手前の半分まで歩けるようになっています。ここから先は歩きでの通行禁止。

メコン川といえば夕日。

日が沈むまでゆっくりと、橋から夕日を鑑賞しました。

★ノンカイ旅行記

【イサーン旅行③】ウドンタニの紅い蓮がいっぱいの湖「タレーブアデーン」
今回のイサーン旅行のメイン、ウドンタニの「タレーブアデーン」に行ってきました。湖いっぱいに紅い蓮の花が見られるとして、観光スポットになっているところです。タレーブアデーンの位置ウドンタニ市内から南東部にあり、車で45分程度かかります...
【イサーン旅行④】ノンカイの「アマンタ ノンカイ ホテル(Amanta Hotel Nongkhai)」宿泊記
ノンカイでは、できて新しいホテル「アマンタ ノンカイ ホテル(Amanta Hotel Nongkhai)」に宿泊しました。1,000バーツちょっとで快適に滞在できる3つ星ホテルで、よかったので紹介します。アマンタホテルノンカイの場所...
【イサーン旅行②】ウドンタニのノーンプラチャック公園で癒される
ノンカイの後はウドンタニへ向かいました。ウドンタニのノーンプラチャック公園がのんびりしてよかったです。ノンカイからウドンタニへロットゥで移動ノンカイのバスターミナルの場所はこちら。ちょうどバスがなくて、7番から出ているロット...
ワットケーク
  • 住所:Wat That, Mueang Nong Khai District, Nong Khai
  • 開園時間:8:00~18:00

コメント