スパンブリーの地獄寺「ワットパイロンウア」

バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク

前から気になっていたタイの通称「地獄寺」

「地獄におちるとどうなるか」を具体的に像で表現することで、人々に善行を促す目的のお寺のことです。

地獄寺はタイ全土に点在しているそうですが、バンコク周辺でおそらく最も有名なスパンブリー県の「ワットパイロンウア」へ行ってきました。

そのすぐそばにあるタイ料理店「クルアガンナー」もよかったのであわせて書いています。

※バンコク近郊のパトゥムタニ県にも地獄寺があります。こちらはおばけ屋敷のようでさらに興味深いです。

バンコク近郊・パトゥムタニにあるおばけ屋敷のような地獄寺「ワットプートウドム」
タイの通称「地獄寺」。 「地獄におちるとどうなるか」を具体的に像で表現することで、人々に善行を促す目的のお寺のことです。 先日行ったワットパイロンウアがとてもおもしろかったので、今度はバンコク近郊のパトゥムタニ県にある地獄寺「ワットプートウ...
スポンサーリンク

ワットパイロンウアの場所

バンコクから北西に車で約2時間、ナコンパトム県とスパンブリー県との県境近くにあります。

地図はこちら。

今回はたまたま近くに用があり車で行ったのですが、公共交通機関では南バスターミナル(サーイタイマイ)から68番バスでも行けます。

ただ、南バスターミナルがバンコク中心部から遠い&ワットパイロンウアの周辺には何もないので、他の観光スポットとあわせてタクシーチャーターで行く方が楽かなと思いました。

ワットパイロンウアの地獄の様子

ワットパイロンウアの敷地は広いです。

地獄の立体像があるのは、大仏の近くのこの辺り。

地獄の敷地内は思ったほど広くないですが、そこは本当に地獄絵図が広がっていました。

こんな責め苦を受けたくないと思うものばかり。

釜茹ではこの中でもきつそう…

この虫に食べられる(?)というのもかなりグロテスク。

身体は人間で頭が動物になる、という意味かな?

自分が子供の時に見たら、全部信じてしまいそうだなと思いました。

もちろんそれがこの地獄寺の目的なのですが、下手したらトラウマになりそう…

どれも強烈な像ばかりで、じっくり見ていたらあっという間に時間が経ちます。

それから、道を挟んで大仏様もいらっしゃいます。この大仏はかなり大きいので、遠くからも見えます。

大仏の近くにもいくつか像があって、一番インパクトがあったのがこちら。

周りにはDVをしている像などがあったので、「他人に尻ぬぐいをさせるな」という戒めなのかな? にしても、直接的すぎる表現(!)

鶏の藁焼きが美味しい「クルアガンナー」でランチ

地獄寺の後は、近くにランチへ。

激旨タイ食堂で知った、鶏の藁焼きが美味しいタイ料理店「クルアガンナー」です。

ワットパイロンウアからは歩いて10分ほどの距離にあります。

お店はタイ風の建物で、オープンエアの席のみのようでした。

鶏の藁焼きは注文を受けてから焼くのか聞いてみたら、今日はもう午前中に焼いたよ、とのことでした。

1羽まるまるで350バーツ。ガイヤーンに近い味ですが、ちょっとグリーンカレーのようなタイのスパイスがしっかり染み込んで美味しかったです。

ほかにはソムタムトートを。

周囲は田んぼが広がるのどかな環境で、のんびり食事ができました。

隣には同じ系列のカフェがあるので、お茶の場合はそちらへ行くと良さそうでした。

ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク
シェアする
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント