109番バスで空港からホーチミン市内へ。国際線・国内線からの乗り方

ホーチミン生活
スポンサーリンク

以前より空港からバスで市内まで移動してみたかったのですが、やっと乗ってきました。 今回は荷物がなく身軽だったのでバスで楽々移動できました◎

空港と市内中心部を結ぶバスは109番と152番がありますが、

今回は

109番バスでの空港からホーチミン市内への移動

について書いています。

スポンサーリンク

109番バスの概要

  • バス料金:一律20,000ドン(約100円)
  • 運行時間:5:30~0:30 30分おきに出発
  • 主なルート:空港~ナムキーコイギア通り~ハムギー通り~ベンタイン市場~レロイ通り(バックパッカー街近く)~【終点】9月23日公園バスターミナル
  • Web:SATCOの公式サイト

上記Webや、乗り場にも簡単なルートマップがありますが

詳細なルートはPCから事前に確認できます。

109番の詳細ルート

バス乗り場

国際線の到着フロアはG階になります。到着ロビーを出て、右に出ます

少し横断歩道を渡ったところにバス乗り場があります。109番のバスは黄色なのでわかりやすいです。

スタッフから行先を聞かれるので、降りたい場所を伝えます。

料金20,000ドンをこのスタッフに払いました。チケットを受け取ったら降りるまで持っておきます。

国内線ターミナルから乗車する場合

到着口を出て正面あたりにバス乗り場の案内があります。一つ目の横断歩道を渡って右です。

この黄色いボックスのところにスタッフがいるのでチケットを購入します。

車内の様子

バスには車掌さんが乗車しており、出発するとチケットを確認しに来ました。降りる場所が不安な場合は、このタイミングで伝えておくとよいかも。

車内の荷物置き場は広くとってあります。この日は旅行者らしき人がいなかったので何も置かれていませんでした。

全体的に座席は少なめ。

私が乗ったバスはお昼の時間帯のためか車内がガラガラで、地元の人がちらほら乗っているようでした。

渋滞していなかったので終点の9月23日公園にあるバスターミナルまでは30分で到着しました。おそらく早いほうかと思います。

空港行きのバスもこのバスターミナルから出発します。

まとめ

運行ルートはわりと単純なのですが、ドンコイ通りのあたりは通りません。

そのため旅行者の場合、ルート上の近くに泊まるホテルがあれば便利ですが、そうでなければタクシーを利用したほうが楽かなあという印象です。

私は家族や友人が遊びに来たときにお迎え時やお見送りのあとに使おうかなと◎

バスの車窓からホーチミンの街並みを眺めるのは楽しかったです。

 

152番バスや、タクシーでホーチミン市内へ行く方法についてはこちらをご参照ください↓

 

コメント