MRTでアクセスできる「クローンバーンルアン水上マーケット」で人形劇を鑑賞

バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク

チャオプラヤ川の向こうにある「クローンバーンルアン水上マーケットへ人形劇を観に行ってきました

「アーティストハウス」といった名称の方が有名かな?

2019年にMRTが延伸する前は車以外のアクセスが難しかったですが、現在はMRTの駅から徒歩12分ほどで行けます。(ということに最近気づいて行きました)

人形劇は現在は土日の14時から鑑賞できます。

スポンサーリンク

クローンバーンルアン水上マーケットの場所と行き方

MRTバーンパイ駅から徒歩12分ほどの場所にあります。

最初にMRTバーンパイ駅の4番出口を出ます。

階段を降りてきた逆方向に少し歩き、ペットカセムソイ20へ。

マーケットへ向かって続くのはこんなローカルな道。

右方向へ道なりに歩くとお寺「Wat Kamphaeng Bangchak」に着きます。今回はここで人形劇が行われていました。詳しくは後述します。

お寺から右手に行くとローカル食堂が集まっていて、そこからマーケットになっています。

クローンバーンルアン市場の様子

川に沿ってお店がぽつぽつとあります。

ときどきボートが通る以外は、静かでのんびり。

川沿いの通路は、普通に人が生活しているような雰囲気があって、一瞬「ここを歩いていいのかな?」とためらってしまうのですが、大丈夫です。

かわいい雑貨屋さん

このエリアの象徴といえば、のお腹の出たおじさんのオブジェ。現在は帽子もマスクも着用中。

このマーケットの中心的存在?のアーティストハウスが真ん中あたりにあります。

元々は金細工職人の一族が所有していた家をリノベーションし、アートギャラリーとして2009年にオープンしたそう。

アート作品が製作・展示されているほか、器や雑貨など様々なグッズが販売されています。

カフェも併設。

通常はこのスペースで人形劇が行われている(いた)ようです。仏塔が敷地内にあるため、ちょっと神秘的な雰囲気。

ここでお茶休憩をしようと思っていたら、お店のスタッフは1人、でもお客さんはたくさんの状態でてんてこまいだったので断念。

川沿いにはいくつかカフェがあるので、川辺でのんびりすると気持ちよさそう。

途中で見かけた案内図。おおよそのお店は片方側に集まっています。

おそらく30分ぐらいあれば見れる規模だと思います。

人形劇にこだわらなければ平日でもいいけれど、現在だと開いているお店は少ないのかもしれません。

反対方向にはなりますが、ワットパクナムも同じMRTの駅から行けるので、セットで行くのがおすすめです。

人形劇の様子

さて肝心の人形劇ですが、facebookで場所と時間を告知されています。

このときは先に書いたお寺「Wat Kamphaeng Bangchak」だったので、そちらへ。

開演の14時前にはちらほらと人が集まっていました。進行役の人がしばらく話をしています。

少しすると音楽が流れて人形劇がスタート。

基本タイ語で正直ストーリーはよく分からない…けれど、雰囲気だけでも楽しい。

途中からは小さな女の子も登場しました。

終わったのは約40分後。最後、終わる前に各席をまわってくれるので、写真を撮る場合はあわせてチップを渡すといいと思います。

真ん中の人が足を持ち、左右の人がそれぞれ両手を動かすのだそう。演じているのは若者(少年)たちでした。

観客には外国人もいます。終わる頃には最初の1.5倍ぐらいの人数になっていたかな。

行かれる前にはfacebookで上演情報をチェックして訪れてみてください◎

施設情報:アーティストハウス(バーン・シラピン)

コメント