旧市街のワットサケットが眺められるホステル

バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク

タイではホテル予約サイトとしてagodaをよく利用しています。

最近有効期限が近づいてきたagodaポイントがあったので、使うべくバンコク市内で気軽に泊まってきました。

以前にSNSで見かけた、ワットサケットが見える「Tim Mansion」というホテルです。

ホテルというよりほぼホステル、ゲストハウスですが、立地がよく一部の部屋や屋上からはワットサケットが見えます。

スポンサーリンク

Tim Mansionの立地

MRTサムヨート駅から徒歩8分。

地図はこちら。

センセープ運河のパンファーリラート船着き場からも徒歩8分と徒歩圏内。

ミシュランの有名店ジェイファイや、パッタイの有名店ティップサマイのすぐ近くです。

ホテルの雰囲気

建物は5階建て。

1階はカフェのようになっていますが、チェックイン業務やホテルゲストが休憩する場所として使われているようで、カフェ営業はしていないようでした。

朝食用に無料でパンとインスタントのコーヒーなどもあります。

エレベーターは4階まであり、そこから5階へ階段を登ると、ワットサケットが見える屋上スペースがあります。

思わずビールが飲みたくなる開放感ですが、ここでは飲食禁止とのこと。

昼間だけでなく夜も来てみたらライトアップがよく見えました。浮き上がったような佇まいが美しい。

部屋の様子

せっかく泊まるならワットサケットが見える部屋を選びたいもの。

今回泊まったのはDeluxe Family 4 Pax with Golden Mount View(26㎡)

Deluxe Golden Mount view suiteという2人用の部屋はすでに埋まっていたので、2人ですが4人用の部屋を予約しました。

この部屋は4階にあり、真ん中のバストイレと挟んでダブルベッドが2つあります。

窓側のベッドからはこの眺め。(ただし窓はあまり綺麗ではないです)

部屋からは仏塔への階段を登っている人まで見えます。

ちょっと感動したのが、ワットサケットで風が吹いたときに自然に鳴る風鈴の音がかすかに聞こえること。

よーく耳をすますと、、なのだけど風情がありました。

こちらは反対側のベッド。

アメニティはシャンプーとボディソープらしきもの以外ありません。

冒頭に書いたとおり、ほぼゲストハウスなので、寝るためだけと考えて泊まるのがいいと思います。

あと、壁もとても薄いため隣の部屋の音は丸聞こえです。

今回、夜中に隣の外国人カップルが帰ってきてずっと口喧嘩をしており、うるさくてなかなか眠れませんでした 涙。ホテルのせいではないのですが。

周辺環境

ジェイファイティップサマイ以外にも、周囲に飲食店はたくさんあるので食事には困りません。

旧市街の巨大ブランコを眺められるルーフトップバー「Swing Bar」
旧市街の巨大ブランコ(サオチンチャー)を眺めることができるルーフトップバー「Swing Bar(スイングバー)へ行ってきました。 値段がお手頃でカジュアルなバーです。 Swing Barの場所と店内 場所はMRTサムヨート駅から徒歩8分。 ...

セブンイレブンは道を挟んで斜め向かいにあります。

ワットサケットやワットスタットなども近いのでお寺観光も楽しいです。

今回は朝にワットサケットに行きましたが、人も少なくて快適でした。

施設情報:Tim Mansion(ティムマンション)

  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:12:00
  • Web
ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク
シェアする
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント