旧市街の巨大ブランコを眺められるルーフトップバー「Swing Bar」

タイ料理
スポンサーリンク

旧市街の巨大ブランコ(サオチンチャー)を眺めることができるルーフトップバー「Swing Bar(スイングバー)へ行ってきました。

値段がお手頃でカジュアルなバーです。

スポンサーリンク

Swing Barの場所と店内

場所はMRTサムヨート駅から徒歩8分

地図はこちら。

ChingChaBangkokというホステルの5,6階にあります。

ただこのホステル自体はコロナ禍になってから無期限休業したままで、営業していないようでした。

ルーフトップバーへは、入り口を入って奥の階段を登って行きます

行きと帰りで使用する階段が違うので注意。

お店の雰囲気

ルーフトップバーといっても5つ星ホテルのようなハイソな雰囲気ではなく、カジュアルなバーです。

今回は5階のカウンター席に座りました。

帰り際に撮りましたがこんな感じで、カウンター席とセーブル席があります。

あと後で気づいたのだけど1つ上には6階も。そちらもカウンターとテーブルがあるみたい。

5階のカウンター席からはこの眺め。

サオチンチャーとその隣にあるお寺、ワットスタットが見えます。

日が落ちるとお寺のライトアップが美しい。

サオチンチャーもライトアップされると思っていたのですが、されないのですね。

右手にあるバンコク都庁舎もこんな感じです。

ちなみに週末の17時15分ごろに入店して、半分くらいは埋まっていました。18時には満席に。

周りを見ると予約して来ている方はいないようだったので、予約は受け付けていないのかな。

メニュー

タイ産をはじめビールが充実していて、一部のタップビールは試飲もできるよう。隣の方がいろいろ試飲していました。

写真映えしそうなカクテル、モクテルも充実。

こちらはフードメニュー。

フードはすべて200バーツ以下で手頃な価格です。

この時は喉が渇いていて、しゃびしゃび(愛知県に住んでいた時に知った表現…!)なのが飲みたかったので、シンハーを氷入りで。140バーツ/ボトル。

フレンチフライを頼んだつもりが番号を間違えて、トムセープムー(イサーンの旨辛スープ)が来てしまった。160バーツ。

食事は別のお店でするつもりでしたが、スープを誤注文してしまったのでここで食事をすることに。

えびのカイジャオ 90バーツ。カイジャオが大好きなのですが、こんなに映えないタイ料理もないよね。でもどこで食べても美味しい。

このほかにカオパットも頼みましたが、そちらはマーガリン味がして好みではなかったです。

帰り際に反対方向を見ると、ワットサケットのライトアップも見えました。

お店を出て夜のサオチンチャーをパチリ。

地上から眺めてもランドマークとして目立ちます。

この周辺で眺めの良いバーってあまりない気がするので、サオチンチャーと2つのお寺が見えるSwing Barは良い場所だなと思います。

店舗情報:Swing Bar(スイングバー)

ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
タイ料理バンコク飲食店
スポンサーリンク
シェアする
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント