リバーサイドの「ミレニアムヒルトンバンコク」宿泊記(部屋・朝食編)

バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク

バンコクのリバーサイドにあるホテル、「ミレニアムヒルトンバンコク(Millenium Hilton Bangkok)」へ泊まってきました。

ちょうどアイコンサイアムのイルミネーションが見たかったので、そのまま近くで泊まってしまおうということで急きょ決定。

前日にバタバタと予約しました。

ちなみにホテルは現在一部リノベーション中のため、普段と少し違うオペレーションになっています。

滞在はどうなのかなと思っていましたが、騒音などもなく快適に過ごせました。

スポンサーリンク

予約について

この時は朝食込みで2,300バーツ(税サ込)ぐらい。

普通にホテル予約サイトから予約しました。

現在は旅行フェアなどで出展している場合もあるので、最新のプロモーション情報などについては、ホテルのFacebookを確認してみてください。

ミレニアムヒルトンバンコクの場所

アイコンサイアムから徒歩3分ぐらいのところにあります。

地図はこちら。

位置はこれぐらいの距離。間にマンダリンオリエンタルのレジデンスが2棟あります。

ミレニアムヒルトンバンコクの行き方

シャトルボート

コロナ以前はサパーンタクシン駅からホテルのシャトルボートが運航していましたが、2020年12月現在は停止中です。

今回荷物が少なかったので、アイコンサイアムのボートを利用しました。

ボートを降りてからホテルまでは川沿いに道がつながっていないため、アイコンサイアムを通り抜けます。

BTSゴールドライン

私たちが利用したときは開通前でしたが、12/16からゴールドラインが開通します。

クルントンブリー駅から一駅の、アイコンサイアム前に停まるチャルンナコン駅(Charoen Nakhon)に着きます。

そこからホテルまでは徒歩3分ほど。

この駅ができるからホテルのシャトルボートが休止したままなのかもしれません。

駅・アイコンサイアムからはチャルンナコン通りを50Mぐらい歩くと到着です。外観は目立たないので通り過ぎてしまいそう。

エントランスから奥に100Mぐらい進むと、右奥にチェックインカウンターがあるのでチェックイン。

チェックアウトはそことは別の、ロビー前の簡易カウンターでした。

明るいロビー。

エレベーターの前あたりは現在リノベーション中。

部屋の様子・眺望

予約したのはデラックスルームだったのだけど、アップグレードしていただけてキングプレミアムルームに泊まりました。

広くはないですが、コンパクトにまとまっていて快適。

今回泊まったのは北側に面した部屋。

あまり北側の景色を見ることがないので、新鮮! カマボコ型のホアランポーン駅や中華街のあたりが見えました。

左手にはゴールドラインの新駅が。夜は試験走行かな?していました。

20階だったので、もう少し高層ならワットアルンや王宮まで見えそう。

この窓際がとてもよくて。テーブル幅があるのでここで外を眺めながらお茶したりぼんやりしたり。

ちなみにホテルはこんな感じで、川に直角に細長い造りになっています。

アイコンサイアム側が良い場合はリクエストするといいと思います。

部屋には無料のお水が2本。このルームタイプではエスプレッソマシンはなかったです。

こちらはバスルーム。水の勢いも◎。

アメニティはクラブツリー&イヴリン。

「maya」での朝食

朝食会場は現在、2階のレストラン「maya」です。

川側のテーブルエリアもありますが、リノベーション中のためリバービューは臨めないようでした。

朝食はビュッフェです。種類は少し少なめですが、エッグステーション、ヌードルステーションもちゃんとあり。

盛り方が全く映えない朝食だけど、、パンが美味しかったな。

思ったより宿泊者が多くて、8時半~9時ごろのピークタイムは混みあっていました。

プールやバーについては次の記事で書いています。

リバーサイドの「ミレニアムヒルトンバンコク」宿泊記(プール・ルーフトップバー編)
バンコクのリバーサイドにあるホテル、「ミレニアムヒルトンバンコク(Millenium Hilton Bangkok)」へ泊まってきました。今回はプールと、最上階のバー、その他についてです。部屋や朝食についてはこちらに書いています。...
ミレニアムヒルトンバンコク(Millenium Hilton Bangkok)
  • 住所:123 Charoen Nakhon Rd, Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok
  • Web
  • Facebook

コメント