【トロント】enterpriseでレンタカーを借りてみた

カナダ
スポンサーリンク

トロントからアルゴンキン州立公園へ行くために、2泊3日でレンタカーを借りました。

スポンサーリンク

トロントのレンタカーについて

まずレンタカーを検索すると、異常に安いところがいくつか出てきました。

その店舗ごとをGoogle Mapsで見てみると、けっこうな低評価。

さらに「予約した価格からかなりの追加料金を支払う必要があった」「対応が最悪」というような口コミがたくさん。

口コミがすべてではないけれど、安い店舗はだいたいそんな感じなので、どうなんだろう?ということでGoogle Mapsで評価が高かった「enterprise」というレンタカー会社を利用しました。

enterpriseでレンタカーを予約

ピックアップと返却の場所をトロントにして検索すると、たくさん店舗が出てきます。

同じ車種でも中心部から離れた店舗ほど安い傾向にあったので、「Toronto Junction」で予約しました。

予約は会員登録なしでも可能で、予約確定のメールが来るだけです。

先にカード決済もありません。

実際に店舗で借りる

指定した店舗に行き、以下を提示してチェックイン。

  • 国際免許証
  • 日本の免許証
  • ドライバー名義のクレジットカード
  • 予約番号

オンタリオ州の免許証を持っていなくて国際免許証の場合、日本の免許証も必須です。

夫の日本の免許証の有効期限は和暦で書いてあるので、これって西暦じゃないの?西暦だと何年?と確認されました。

日本の免許証、そろそろ西暦表示にしてほしい…と思っていたら、数年前から発行されたものはちゃんと西暦併記なのですね。よかった。

スタッフはとても親切で、手続きもスムーズに完了。

任意の保険についてですが、私たちは自車輌損害補償のDamage Waiver (DW)を追加しました。確か1日29.9ドル。

ひさびさの右ハンドル運転、万が一車に傷をつけたら怖いので。

Compact SUVの車種を選択していたらスバルのSUVで、ちょうどスバル車を運転したがっていた夫は喜んでいました。

ガソリンは国によって種類が様々あったりするので、一応どれを入れたらいいのか最初に聞いておきました。

最後に最初と同じぐらいまで入れて、返却。

やっぱり車があると遠くまで行けて便利!

自由度が高い旅になりました。

ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
カナダ旅行
スポンサーリンク
シェアする
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント