【カオヤイ】世界自然遺産にも登録された「カオヤイ国立公園」の見どころを巡る

タイ
スポンサーリンク

カオヤイで楽しみにしていた「カオヤイ国立公園(Khao Yai National Park)」へ。

2005年に世界自然遺産にも登録されている公園です。

トレッキングやバードウォッチング、キャンプなどさまざまな楽しみ方があると思いますが、私は軽いトレッキングと滝周辺の散策、あとはビュースポットを観れたらいいなと思っていて。

北側の入り口から入って、気になるところへ立ち寄るというスタイルで巡りました。

結果的に見たかったところは観光できて十分楽しめたので、訪れた場所を順にまとめました。

スポンサーリンク

カオヤイ国立公園の場所・行き方

バンコクからは車で約3時間。

4つの県にまたがっているので、とにかく広いです。

カオヤイ国立公園への行き方、というよりカオヤイ自体への行き方ですが、タクシーは走っていないので車一択だと思います。

公共交通機関は、最寄り街のパクチョンまではバスや電車があるのですが、そこから先がないので結局何かしら足が必要なんですよね。

バイクが運転できれば、レンタルバイク店はあるようです。(地図はこちら

今回は夫が運転してくれたので車で行きましたが、そうでなければバンコクからドライバー付きのレンタカーを利用する予定でした。

日系の会社も何社かあるので、問い合わせをすれば見積もりを送ってくれます。

日帰りであれば当日バンコクでタクシーやGrabと交渉して行けるかもしれませんが、泊まりであれば事前にドライバー付きレンタカーを予約しておくのがベストだと思います。

カオヤイ国立公園の見どころを巡る

公園の入り口(料金所)は2か所あります。

  • パクチョン方面の北側(地図
  • プラーチンブリー方面の南側(地図

ワイナリーやファームなど、カオヤイの観光地は北側の方に集中しているので、北側から行く人が多いのかな。

私たちも北側から入りました。

ここから順に立ち寄ったところを挙げていきます。

ゲートで入場料を支払う

国立公園来たー!っと気持ちが盛り上がる看板。

フォントとか雰囲気が北米っぽい。

外国人料金は改定されて下がったと見た気がしたのですが、変わっていませんでした。

  • 大人:400バーツ
  • 子ども:200バーツ

車は1台30バーツです。

30 km. View Point

料金所を出ると、かなり勾配のある山を登っていきます。

そこで初めにあるビューポイントが30 km. View Point。

山々が見わたせて爽快感あります。

ここには猿がちらほらいました。

さっそく野生の動物が見れた!と思っていたのですが、近くの人がドリンクを取られそうになっていました。

明らかに人が集まるところに生息しているので、もはや野生ではないような。

Nong Phak Chi Watching Tower

上から景色が見渡せるタワー。

駐車場から約15分ほど、こんな感じの道をテクテク歩いていきます。

と書いておいてなんですが、途中から日陰がなくなり、暑かったのでタワーにたどり着く前に引き返してしまいました。

タワーはこんな感じみたいです。(もちろん象がいる訳ではありません)

公式サイトより

涼しくなった帰りに再度寄ろうと思っていたのだけど忘れてしまった。

ビジターセンターとカフェ・フードコート

トレイルマップがもらえるビジターセンター。

カフェも併設しています。

カフェは川に隣接しているので景色も◎。

道を渡って向かい側には広いフードコートがあります。

と言ってもバンコクのショッピングモールにあるような涼しいフードコートではなく、半屋外型。

手前にあるのは、パッタイやガパオなど、注文を受けてから作ってくれるお店。

奥には、主に作り置きのカオゲーン(ぶっかけご飯)のお店が並んでいます。

どちらもローカルなお店なので安いです。

ちょうどお昼だったので簡単にすませました。

食べていたら近くにヤギが来たりして、とってものどか。ヤギはなかなかお顔を向けてくれなかった。

ゴーンゲーン自然トレッキングコースをトレッキング

ビジターセンターでもらった紙で紹介されていた7つのトレッキングコースのうち、最も簡単そうだったのがゴーンゲーンというコース。

ちょうどビジターセンターの裏に入り口があります。

こんな吊り橋からスタート。

道は分かりやすく、迷うこともありません。

のんびり歩いて30分ぐらいでした。

最後には滝と言っていいか分からないような、小さな滝があります。

せっかく来たのでちょっとだけトレッキングを楽しみたい…という人にはおすすめコースです。

Sai Sorn Reservoir

ビジターセンターから車で3分ほどの場所にある美しい池。

ここはタイの人の写真スポットみたいで、たくさんの人が写真を撮っていました。なかにはウェディングドレス姿の人も。

景色だけ見ると、日本にもありそうないい景色だなと思っていたのですが、ちゃんと映えスポットがあるのがあータイだなあと。

駐車場の日陰でピクニックしている人たちもいました。

ヘーウスワット滝

Sai Sorn Reservoirから車で20分ほどの所にある大きな滝。

駐車場からは歩いて5分ほど。階段を下っていくとあります。

行きはいいのですが、帰りは登るのがなかなかしんどいです。

肝心の滝はなかなかの迫力。

岩をつたって奥まで行くと、洞窟っぽい滝の裏側が見れるところに辿りつきます。

滝の周りってやっぱり涼しいですね。

30分ほどあれば十分見れる場所ですが、写真や動画を撮ったりとゆっくり過ごして結局1時間ぐらいいました。

Pha Trom Jai Cliff

滝からさらに30分。山の頂上にあるビュースポットです。

壮大な眺め。

4,233ftとあったので、1,290Mぐらいの高さです。

ただここはタイ空軍の拠点にもなっているみたいで、関係者の方が常駐していました。

駐車場も分かりにくく、中央にある軍の駐車場以外の場所に適当に停める感じです。

その方たちが大音量でタイ音楽を流しているので、景色はとても素晴らしいんだけどタイ感もあって不思議な場所でした 笑

カオヤイ国立公園内にレストランはある?

今回、事前に調べてもよく分からなかったのが、食事をできる場所がどれくらいあるのか?という点。

見たところ、前述したビジターセンターそばのフードコートや、ビュースポットにちょっとだけあるタイ料理屋台以外はほとんどないように見えました。

いずれもローカルなタイ料理ばかりなので、いわゆるちゃんとしたレストラン的な場所はなさそうです。

カフェはところどころにありますが、ドリンクがメインかと思います。

公園内で食事をしたい場合は、美味しいパンなどを買ってから持ち込むのがいいのではないかなと感じました。

次回は私もそうしたいです。

まとめ

公園内の各スポットも楽しいのですが、ドライブも景色がよくて気分が良いです。

ふだんバンコクにいると山を見ることがないので、山を見るだけで癒されました。

野生動物は、猿とヤギ、あとは何かよく分からない動物が車から見えたぐらい。

象はなかなか見れるものではないですね…

どこを訪れるかで所要時間は変わってきますが、あまり時間を気にせず気になった場所に立ち寄ってのんびり楽しむのが良い場所だなと思いました。

施設情報:カオヤイ国立公園(Khao Yai National Park)

ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
タイ旅行
スポンサーリンク
シェアする
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント