【ラオス】バンビエンの観光スポット、ブルーラグーン3か所を巡る

ラオス
スポンサーリンク

バンビエンの一番の観光スポット、ブルーラグーンへ行きました。

最初、ブルーラグーンは1つだけかと思っていたのですが複数あります。

全部でいくつあるのか分かりませんが、一部休業となっているものもあり、現在行くことのできる3か所へ訪れてみました。

スポンサーリンク

ブルーラグーンへ行く方法

最もメジャーなブルーラグーン1までは街の中心から車で20分ほどの場所にあります。

徒歩で行くのはかなり時間がかかるので(と言っても1人だけ歩いて行っている人を見かけました。強い!)、現実的には以下のどれかで行くことになります。

  • バイク
  • バギー
  • 自転車
  • トゥクトゥクをチャーター
  • ツアーに参加

自転車は雨季や暑季は厳しいと思いますが、今のような乾季は朝夕ならそこまで暑くなさそうです。

バンビエンで借りられるバギーはこういうタイプ。

団体客かもしれませんが、バイクよりバギーで行っている人をたくさん見かけました。

トゥクトゥクは、少し大きめで12人ぐらい乗れるタイプです。

今回私たちはレンタルバイクで行きました。

レンタルバイク屋さんはたくさんあり、料金は1日で100,000キープ

ガソリンは道で1リットル20,000~25,000キープで売られているので、足りなさそうなら入れます。

ブルーラグーン1

まずはブルーラグーン1を目指します。

最初にナムソン川を渡るのですが、この橋がまたボロボロで…!

かなり怖いのですが地元の人は臆さずどんどん進んでいきます。

川を渡るとこれぞバンビエンというような美しい山々。

ひたすらのどかな道が続いて、本当に気持ちが良いです。

お父さんと子供が農作物を運んでいたりなど、ほのぼのした光景が見られます。

20分ほどしてブルーラグーン1に到着。料金を支払って入場します。

入場料はブルーラグーン1~3どれも、1人20,000キープです。

ブルーラグーン1はたくさんの人で大にぎわい。韓国や中国の人がほとんどでした。

次から次へと飛び込み台から人が飛び込んでいきます。

手前の池はにぎやかですが、奥の方の池は人も少なく静か。こちらの方が落ちつくな。

駐車場、池周辺ともに屋台がたくさんあるので、食事の心配はありません。

ちなみにここからタム・プーカム洞窟へ行けますが、見るとけっこう傾斜があり、昇るのが大変そうだったので今回は行きませんでした。

ブルーラグーン2

次にブルーラグーン2へ。1からは20分ほどです。

1を出て少しすると舗装されていない砂利道に!

途中、工事をしていたので今後舗装されるのかもしれませんが、埃っぽいのでマスクがあると良いです。

ブルーラグーン2は1と比べると人も少なく、こちらの方がより水が綺麗に見えました。

池は2か所あって、奥の方はジップラインのように下って飛び込めるようになっています。

ブルーラグーン3

最後に3へ。こちらも2からはさらに20分ほど。

2から3へは舗装された道なので快適に走れました。

ブルーラグーン3はこぢんまりとしています。

ここにもジップラインのようなロープがあり、飛び込んだり泳いだりしている人も。

魚はここが一番きれいに見えた気がしました。

近くには飲み物や料理を注文できるお店があります。池のほとりに沿ってテーブルとベンチがあって食事ができるようになっており、良い雰囲気でした。

まとめ

正直なところ、どのラグーンもすっごく水が澄んできれい!という訳ではないです。

水の透明さだけで言ったらルアンパバーンのクアンシーの滝の方が美しいと思います。

ブルーラグーンまで移動する途中に見える美しい山々が何よりのハイライトというか、観光スポットのように思いました。

あと、ブルーラグーン1はとにかく人が多いので、ゆっくり過ごすなら2,3の方がおすすめです。

個人的には3のこぢんまりした雰囲気が一番好きでした。

★バンビエン関連記事

【ラオス】チュービングだけじゃない、アクティビティが豊富なバンビエン
ビエンチャンから鉄道でバンビエンにやってきました。 バンビエンはルアンパバーンとビエンチャンの中間に位置する、緑豊かな山々が魅力の街 バンビエンのアクティビティといえばチュービング(タイヤのチューブで川を下り、プカプカと浮いて楽しむアクティ...
【ラオス】バンビエンで行ったレストラン・カフェ
バンビエンの中心部は小さく、世界的なチェーン系飲食店はほとんどありません。 唯一見たのはロッテリアぐらいかな? その他はほとんど個人経営のこじんまりしたお店です。 バンビエンで行ったレストラン・カフェで良かったところをまとめました。 Gre...
【ラオス】バンビエンで眺望の良いおすすめホテル「Amari Vang Vieng」宿泊記
街自体が小さいバンビエンは、ホテルも小規模なところが多いです。 今回はバンビエンの中では大きめのホテル「アマリ バンビエン(Amari Vang Vieng)」に泊まりました。 街の中心にあり、周囲に飲食店や旅行代理店も多くて便利。立地がよ...
ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ラオス旅行
スポンサーリンク
シェアする
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント