【ブルネイ旅⑥】定番みどころ巡り。オールドモスク/ニューモスクとナイトマーケット、ザモール

ブルネイ
スポンサーリンク

ブルネイではボートのチャーターのほかに、定番観光スポットを巡りました。

  • オールドモスク
  • ニューモスク
  • ガドンナイトマーケット
  • ザ・モール(ショッピングモール)

の4か所です。

それぞれの印象、感想を綴っていきたいと思います!

スポンサーリンク

オールドモスク

中心部にありアクセスしやすいモスク。

正式名称は「スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク」で前の国王が建てられたもの。

周りはラグーンに囲まれており、水辺に佇む姿が美しかったです。

内部は、女性と短パンの男性は黒いローブを借りて見学することができます。

内部のイスラム教徒以外が入れるスペースはかなり限られていたのですが、天井の装飾がとてもきれいでした。

ニューモスク

中心部から車で15分程度のところにあるモスク。

正式名称は「ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク」で、現国王が建てたモスクです。

オールドモスクに比べるとこちらのほうが派手で大きく、かなり見ごたえがあります。

この階段とか本当に豪華で、ディズニー映画のお城に出てきそうな感じ。

内部はオールドモスクと同じようにローブを着て見学できます。

内部撮影は禁止なので伝えきれないのですが、金や大理石がふんだんに使われた、溜息ものの豪華絢爛な美しさでした。

どちらのモスクも昼にしか行かなかったのですが、夜はまた違った美しさのようなので、どちらか1つだけでも夜に行けばよかったな…とちょっと後悔。

ガドンナイトマーケット

ガドン地区にあるナイトマーケット。

青空市場ではなく、屋根があるタイプの市場です。

ここで驚いたのは、一般的にイメージする東南アジアのマーケットとは一味違い、清潔、整然としていること!

嫌な臭いとか、床が水でベタベタとか、そういうのが一切なくて。

1つ1つがキャンプ場の炊事場のように作られていて管理されていました。

売っているものは揚げ物が多かったです。

できたてのおかず以外にも、果物や野菜、大きなジュース類も売られています。

見ているだけで楽しいのですが、ここでは食べたいと思うものが見つからなかったので、スイカジュースのみ購入。

食事は次のザ・モールというショッピングモールでとりました。

ザ・モール

ナイトマーケットから徒歩5分程度の距離にあるので、ナイトマーケットとあわせて訪れるのが良いと思います。

こちらのショッピングモール、東南アジアでよくあるような高級ブランドがドーンと入ったようなモールではありません。(勝手にそういうのを想像していた…)

ローカル色が強く、全体的にちょっと暗め。

天井は凝ったつくりになっていて、おもしろいです。

ローカルな雰囲気を楽しむにはもってこいですが、飲食店はあまり多くはありません。

最上階にフードコートがあって、そこで食事をとりました。適当に選んだ海鮮ビーフン(?)でしたが、これは美味しかった◎

コメント