ホテル全体が森のよう。「ヘリタンスカンダラマ」のスイート宿泊記

スリランカ
スポンサーリンク

2017年の年末はスリランカを旅行しました。
有名ホテルのヘリタンスカンダラマに泊まったのですが、もう、1週間ぐらいずっといたいと思うほど素敵で。たまたまスイートルームに宿泊したので、部屋の居心地も最高でした。

今回はスリランカ中部にあるホテル

ヘリタンス カンダラマ(Heritance Kandalama)

について書いています。

スポンサーリンク

ヘリタンスカンダラマとは

スリランカ人の有名建築家、ジェフリー・バワが設計したホテルの1つ。

スリランカ中部のカンダラマという地域にあります。

彼はお寺や学校やホテルなどいろんな建築を手がけたそうですが、ホテルはほとんど海沿い、唯一内陸に造ったのがこのホテルです。

バワ建築の最高傑作と言われているこのホテル、森の中に埋もれており、最終的には自然に還るように造ったのだそう。

すごいゴールですよね。

エントランスとチェックイン

ホテルの入口。

アップすると岩があり、自然と一体化しているのがわかります。

チェックインはこのカフェで。混んでいたためけっこう待ちました。

スイートルームの様子

年末のため、8月頃に予約しておいたのですが、その時最もスイートが安くなっていたので今回はスイートです。

ダンブッラウイングにあります。案内されたのは5Fでした。

リビングルーム。

天井の絵がカワイイ。

窓からはすぐ森と湖が見えます。
ダンブッラウイングのためシーギリヤロックは見えません。

リビングの右隣にはジャグジー。

左隣にベッドルーム。

ここのソファからは湖が見えます。

その隣のシャワールームからも湖がよく見えるようになっています。

決して派手なインテリアではなく落ち着いた雰囲気。

部屋でくつろいでいると、ときどきサルが遊びに来ます。その様子を眺めているのも楽しい。

この部屋にいると静かで鳥や虫の鳴き声が聞こえて、もう本当に森の中にいるよう…!
心が安らぎます。

敷地内の様子

プール

このホテルは全長が1km近くあり、とても広いです。

ホテルにプールは3つあります。
メインなのがこのインフィニティプール。

プールの延長線上に湖が見えるように設計されています。
プールから湖がよく見えます。

インフィニティプールは今では色んなホテルで取り入れられていますが、一番初めに設計したのがこのバワ氏だったのだそう。

ホテル内の残り2つのプール。

どちらも人は泳いでいませんでした。

ホテルの通路

ホテル内の通路はオープンエアです。

ところどころに森や湖を眺められるように椅子が置いてあります。

もし部屋からの眺望があまりよくなくても、こうした椅子に座ってゆっくりできるのはいいなと思いました。

こちらが通称バワ椅子と呼ばれる椅子。

バワ氏が好んで座っていた椅子なのだそう。
この景色の先には、世界遺産のシーギリヤロックが遠くに見えます。

こちらもこのホテルのメイン的オブジェ、フクロウのオブジェ。

敷地内を散歩するだけでとにかく楽しめるホテルです。

食事

ホテルの周辺は何もないので、必然的にホテル内でとることになります。

今回は朝夕付きのハーフボードプランにしており、夕食はビュッフェでした。主にスリランカ料理と洋食とあります。

目立ってこれといった料理はないけど普通に美味しかったです。でもこんな山奥で、ある程度のクオリティを保っていること自体、すごいことなのかも。。

朝食もビュッフェです。
朝いちばんに行ったので窓際で眺めの良い席に案内されました。

スリランカと言えば、紅茶。
いつもならコーヒーを頼んでしまうけど、ミルクティーにしてみました。味が濃くて美味しかったです。

さいごに

特に海より山派、という人や自然が好きな人にはたまらないホテルだと思います。

日程の都合で1泊しかできませんでしたが、1週間ぐらい滞在したかった…!
ここに泊まるためだけにスリランカを再訪したいくらいです。

ヘリタンス カンダラマ(Heritance Kandalama)

コメント