公共交通機関で行く、メークロン市場とアンパワー水上マーケット(+マハチャイ)1泊2日の旅程表

タイ
スポンサーリンク

メークロン市場とアンパワー水上マーケットはそれぞれ大観光地。

2つは車で15分ほどの距離なので、あわせて行くのがおすすめと言われます。

ただ、アンパワー水上マーケットは15時からオープンだし、夕方からの蛍ツアーに参加するとどうしても夜になってしまう。

公共交通機関でバンコクから日帰りするのは難しく、現地で1泊すると時間に余裕を持ったスケジュールで行けます。

今回は行きロットゥ、帰りは鉄道を利用したのですが、1泊2日でほどよい旅程になったのでまとめてみました。

メークロンの観光は電車が通る時間が重要なので、時間も書いています。

スポンサーリンク

メークロン市場の電車が通る時間

時刻表はこちら。

1日の間に見れるチャンスは8回。

  • メークロン駅を出発:6:20、9:00、11:30、15:30
  • メークロン駅に到着:8:30、11:10、14:30、17:40

1日目

●10:55 エカマイ東バスターミナルからロットゥ乗車

実際には11:30頃になったのですが、それでも14:30の電車を見るには間に合いました。

バンコク・エカマイ東バスターミナルからメークロン市場への行き方
電車の発着にあわせてお店がパタパタと日除けを折りたたむ、メークロン市場。これまで行ったことがなかったので行ってきました。今回は公共交通機関を利用しての旅。エカマイにある東バスターミナルからバス(正確にはロットゥ)での行き方につい...

●13:30 メークロン市場着、ランチ

線路そばにはエアコンのきいたカフェがいくつかあるので、ランチをとりながら時間まで待ちました。

●14:30  メークロン市場に到着する電車を見学

●15:30 ソンテウでアンパワーへ

●15:45 ホテルチェックイン、休憩

アンパワー水上マーケットそばの好立地ホテル「アンパワー ナノンホテル&スパ」
メークロン市場にあわせて、アンパワー水上マーケットも訪れました。夜の蛍ツアーに参加したかったので1泊することに。立地がよくて便利な「アンパワー ナノンホテル&スパ(Amphawa Na Non Hotel & Spa...

●17:00  アンパワー水上マーケットを観光

●18:50 ボートで巡る蛍鑑賞ツアーに参加

ツアーは60バーツです。所要時間は約1時間。

申し込めるお店はマーケット内に点在しているので、目に付いたところで申し込めばOK。

支払いをすると〇時〇分に来るように言われるので、その時間に行って船に乗ります。

蛍は、ある程度上流に行ったところで見ることができます。

8月に行きましたが、想像したよりもたくさんの蛍がいました。光は一見電飾のように見えるのだけど、ちゃんと飛んでいる姿も見ることができました。

あと川沿いには民家がちらほらあって、普通の人の暮らしが遠目ながら見えます。それが何だかノスタルジックでよかった。

●20:00 マーケットで夕食

2日目

●6:30  (参加していませんが、アンパワーでは早朝に托鉢ができます)

●9:00  ラマ2世王記念公園をさんぽ

【アンパワー】水上マーケット近くの静かな公園「ラマ2世王記念公園」をさんぽ
アンパワー水上マーケットへ行ったとき、マーケットのすぐ近くにある「ラマ2世王記念公園」を散歩しました。バンコクのラマ9世公園の規模を少し小さくしたような、美しい公園。入場料は必要ですが、人も少ないのでのんびりできます。ラマ2世王記...

●10:30  ソンテウでメークロンへ

●11:30  メークロン駅から電車に乗車

乗り換え駅のバーンレーム駅まで、料金は10バーツです。

電車内から見るメークロン市場も迫力があってすごく楽しい。

●12:30  バーンレーム駅を降車後、渡し船でマハチャイへ

渡し船は3バーツ。5分ほどで対岸に着きます。

位置関係はこんな感じです。(赤が徒歩、黄色が渡し船)

港町マハチャイは主にシーフードを売っている市場があって、活気あり◎

●12:45  タールアレストランでシーフードランチ

【マハチャイ】埠頭そばにある、風が気持ちのよいシーフードレストラン「タールア」
バンコクとメークロン市場を結ぶ電車は、途中、マハチャイという港町で乗り換えが必要です。マハチャイはシーフードが有名な街。バンコクから電車で約1時間、10バーツで行ける場所でもあります。メークロンからの帰り、乗り換え時にせっかくな...

●14:25  マハチャイ駅からバンコクへ

終点、ウォウェンヤイ駅までは10バーツ。

19時までは、1時間に1本はバンコクまでの電車があります◎

メークロン駅で自由に取れる1枚紙の時刻表が置いてあるので、1つもらっておくといいです。

●15:18 バンコク・ウォウェンヤイ駅着

さいごに

実は行き帰りともバス(ロットゥ)で行くつもりだったのですが、行きの車でかなり車酔いしてしまい…。それで帰りは電車にしたんです。

でもこれが結果的によかった。

中から市場の近さが体感できるし、道中の景色ものんびりタイの田舎で楽しい。

公共交通機関で行く場合、行きは電車で帰りがバスの方がメジャーなのかもしれませんが、個人的には帰りに電車に乗るのがいいなと思いました。

と言うのも、行きだと国鉄ウォウェンヤイ駅って遠いので、発車時刻に合わせて自宅を出発するのがなかなか面倒だな…と。

帰りなら、あとは帰るだけなのでマハチャイでゆっくり寄り道もできます。

マハチャイは予定外で立ち寄ったのですが、アンパワーと同じくのんびりしていて行って良かったです。

ブログランキングに参加中です。
クリックしていただけると更新の励みになります◎

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
タイ旅行
スポンサーリンク
そよぎをフォローする
世界さんぽ

コメント