「クルンカセーム運河の電動ボート」に乗ってテーウェート地区をさんぽ

バンコク観光・ホテル
スポンサーリンク

クルンカセーム運河に2020年11月に導入された電動ボート

まだ乗ったことがなかったのでボートを利用して、テーウェートエリアを散歩してきました。

ボートは電動なので静か。運河沿いはふだんあまりじっくり見ないエリアなので、ちょっとしたショートトリップ感が味わえました。

スポンサーリンク

クルンカセーム運河の電動ボート

まず、クルンカセーム運河ってどこ?という話から。

フアランポーン駅の横からざっくり南北に伸びる運河です。図のオレンジ色のラインがボートの航路になります。(赤と青はセンセープ運河のボートの航路)

乗り場は全部で10つあり、最終駅がThewarat Market。

  • Hua Lamphong
  • Nopphawong
  • Yot Se
  • Ministry Of Energy
  • Yaek Lan Luang
  • Nakhon Sawan
  • Ratchadamnoen Nok
  • Democracy
  • Thewet
  • Thewarat Market

所要時間は約30分

Thewarat Marketのすぐ先は、チャオプラヤエクスプレスボートのオレンジラインの駅であるテーウェートピアになります。

乗り場と料金、時刻表

ボートの始発乗り場は、国鉄ホアランポーン駅のすぐそばです。

地図はこちら。MRTホアランポーン駅2番出口を出て、国鉄駅へ入らずに左に進むとああります。

2022年1月現在、料金は無料です。いつ有料になるのかな?

現在の時刻表はフアランポーン乗り場に貼ってありました。

ざっくりまとめると、以下のようです。

  • 運航時間は平日6:00~19:00、土日8:00~19:00
  • 9時~16時の間は30分おき(0時,30分)、それ以外は15分おき(0時,15分,30分,45分)に出発
  • フアランポーン、テーウェートマーケットそれぞれを同時刻に出発する

電動ボートの様子

こちらがフアランポーン乗り場。

出発時間ぎりぎりに行ったので、すぐにボートが来ました。

スタッフに必ず「降りたい乗り場」を聞かれるので、伝えます

ちなみに帰りのボートも乗り場のスタッフ、ボートのスタッフそれぞれに何度も聞かれたので、降車ボタンがあったらいいのになと思いました。

出発すると、ボートは電動なだけあってとても静か。そして速度もかなりゆっくり。

ボーベー市場にさしかかると、服の露店が橋の脇に連なる様子がよく見えました。

ボーベー市場を過ぎると、一番楽しみにしていたセンセープ運河との交差点!

信号とカーブミラーがありますが、スタッフがちゃんと目視でも確認して進みます。

ただ、センセープ運河に差し掛かる少し前に、センセープ運河側のボートがけっこうな勢いで進んでいたので、あちらが優先なのかな。乗客も多いですし。

ボートが進みドゥシット地区に入っていくと、花がきれいに植わっていて、景色が美しい。

途中、逆方向から来た電動ボートとすれ違いました。

でもやっぱり静かなので、センセープ運河のボートみたいにすれ違っても船がぐわんぐわんしません…!

あと、クルンカセム運河ではオオトカゲをたくさん見ました。行き帰りだけで6匹ぐらい見たんじゃないかな? ボートの敷居が低いからよく見えるんですよね。

そうこうしていると終点の1つ手前のテーウェートに到着。

他のお客さんもここで全員降りていました。

テーウェート地区をさんぽ

行ったことのないエリアだったので、ボートを降りてから少し散歩をしてみました。

テーウェート市場

ボート乗り場から歩いて3分ぐらいにあるローカルマーケット。地図はこちら

肉、魚、野菜、雑貨…さまざまなものがそろっています。特に買うものはないけれど、地元の人で賑わっていました。

ワット・インタラウィハーン

薄い大仏さまが有名ということで気になっていたお寺。地図はこちら

こんなローカルな道を通り抜けて行くと、、

お寺に大仏さまが。

横から見ると、確かに薄い!

写真では伝わりづらいのだけど、想像していたよりも大きくて見ごたえがありました。バンコクにある大仏ではかなり大きな部類に入るのでは。

カフェ「Unbranded Cafe」

歩き疲れたのでワット・インタラウィハーンの隣のソイにあるカフェで休憩を。地図はこちら

こちらのカフェ、オープンエアで鳥のさえずりが聞こえてのんびりした空気。とても雰囲気がよかったです。

スペースの一部では何かグループの会合をしていたのですが、こういうとき言葉が分からないって便利◎ あまり気になりませんでした。

もともとホテルのカフェみたいで、現在ホテルは営業していないみたいですが、どこもレトロでかわいかった。

メニューは洋食とタイ料理、あとクロワッサン類もあります。

ラテ(80バーツ)とクロッフル(75バーツ)で少し休憩。

ここはまた来たいなと思えるカフェでした。

クルンカセーム運河沿いのその他の見どころ

今回はテーウェート周辺に行ってみましたが、クルンカセーム運河沿いで他に見どころといえば、「ナンルーン市場」かなと思います。

ナコンサワン乗り場でボートを降りると、徒歩3分ぐらいでバンコク最古の市場であるナンルーン市場が広がっています。

市場にはおいしい食堂が多く、周辺にはおしゃれなカフェも点在。

ピンク色の建物もかわいくて、散策が楽しいエリアです。

ボーベー市場も近いけれど、こちらはセンセープ運河のボートの方がアクセスがいいと思います。

アロハシャツを見に衣料品の卸売市場「ボーベー市場」へ
ソンクランが近づいてきて、せっかくなのでアロハシャツを着たくなってきまして。プラトゥーナム市場に行ったら、あんまり売っていなかったんです。そこで旧市街にある衣料品の激安卸売り市場「ボーベー市場(Bobae Market)」へ。そ...

★関連記事

バンコク観光・移動に便利な「センセープ運河のボート」。乗り方、料金、各ピアに近いスポットなど
バンコクでの移動手段の1つ、「センセープ運河のボート」。自宅やホテルがボート乗り場に近ければ、なかなか便利な乗りものです。日本では味わえないワイルドなショートトリップ感があるのも魅力。これまで利用してきたので、乗り方や料金、各ピアから...

コメント